爆乳キャットファイト FINAL

「爆乳キャットファイト FINAL」の本編動画はこちらから

女優名: 佐伯奈々, 茅ヶ崎ありす, 西木美羽

うーん、罰ゲームが、、、

イラマチオの後の射精が無い!真田優のゲロ!国見奈々の体格的不利さ!なんだか回が進むにつれて作品の質が下がっている気がする

MVPは佐伯奈々さんで決まりです。

20分過ぎ、軽いやり取りの後に佐伯さんが本気ビンタを解禁させます(ここからシリーズでビンタが解禁されました)。

また、密井とわさんに締め落とされたりと、負けてもその活躍ぶりが光りました。

彼女のプロ根性が、今後のシリーズの方向性を導くきっかけを作った素晴らしい作品です。

静かな作品を、

ファイト中ならまだ許せるが、罰ゲーム中位はもう少し静かにして欲しい、特に勝者側は、AVなのだからその辺りの考慮が欲しい。

自分としては○

キャットファイト好きの私としては○な作品でした。

今までのこのシリーズの中でもっともリアルなファイトだったから私的はかなりいい作品だと思います。

AV的なカラミが観たいと言う目的の人には?…な作品かもしれません。

原始的な情念と情念のクラッシュ

水着スタイルは一つのスタイルである。

ビキニ姿は好きなので、それを剥ぎ取る光景は醜悪にみえる。

しかし、髪をひっつかみ睨み合う光景は強烈な情念と相手に勝つという普段日常では経験するところはない。

真っ裸の女体の絡み合いは一番このシリーズで共通に見ものである。

女の人はほかの女のおっぱいが密着しても嬉しくないということが発見である。

期待していたほどでは

一回戦で戦う茅ヶ崎さん目当てで購入しまが個人的にはロ-ションでのファイトは好みではありませんメ-クが落ちてしまいますやはり女優さんにはちゃんとメ-クしていてほしいです茅ヶ崎さんはそこまでしていませんが平手での殴り合いは少し行きすぎで引いてしまいます罰ゲ-ムも中途半端ファイトものですがAVとしては何がやりたいのかつかみどころのない作品でした各女優さんのスッピンが貴重な映像ともいえますが

うーむ

しかしこの作品は見てると痛々しくて何とも言えません。

ビンタの応酬も頬を引っぱたいてるのは分るが骨を叩いてるような音がしててマジ痛そうです。

ロケが終わった後ってみんなどんな空気になってるんだろう?

大阪が生んだAV界最強の喧嘩師「あいぶらん(蜜井とわ)」

総勢8名の爆乳女優がキャットファイト(オイルレスリング)でガチンコ対決する企画の完結編。

主な参加者は、元レディース総長「茅ヶ崎ありす」、インディーズ界の女王「佐伯奈々」、100人斬りの性豪「国見奈々」、現役国立大生「向山レイコ」、爆乳界の重鎮「西木美羽」、柔道黒帯の重戦車「あいぶらん(蜜井とわ)」。

特に、元インターハイ選手(バドミントン)で身長170cmを超える大女「佐伯奈々」と大阪出身で柔道三段の喧嘩師「あいぶらん」は、キャットファイトAVの世界では、まさに「別格」の存在といえる。

その両雄がついに激突するメインイベントは、「AV史上最強の女を決める戦い」と呼ぶに相応しいモノがある。

奈々嬢の身体能力の素晴らしさは、さすがであるが、「素の関西弁」が出た時のあいぶらんの怖さは、まさに「本職」といった迫力で、それが「アスリート」と「喧嘩師」の大きな違いといった印象。

「爆乳キャットファイト FINAL」の本編動画はこちらから