拝啓、わたくし(愛妻家)単身赴任中に隣に越してきた無愛想な文学女子(巨乳)に不覚にも欲情し、寝取られてしまいました。 葵

「拝啓、わたくし(愛妻家)単身赴任中に隣に越してきた無愛想な文学女子(巨乳)に不覚にも欲情し、寝取られてしまいました。 葵」の本編動画はこちらから

女優名: 葵

なんで脱がないの?

まず、最初にこの女優さんの、どう見ても整形顔が気になる。

1、最初のカラミは、とても良いのに、何でフィニッシュが、唾かけ手コキなの。

2、2回目のカラミは、文学女子じゃないよね!ブラジャーの外し方や、上着脱がないって、AV女子のパイズリからの、手コキって。

まして終わりに、なんで本持つの?3、何で親父が会社でセンズリするの意味がワカラン。

4、次の日の朝、会社に行かないでセックスってなに。

夜から文学女子の部屋に、泊まって、会社に行く前に、朝のセックスを強要した方が自然でしょ。

5、最後は、訳がワカラン、何で急に首輪に手錠なの、まして辞令断るって(嫌がって逃げるんじゃないの)、最後に、キトルネ監督作品だったんだ残念、なんでこんな作品に仕上がった、ツナギも編集も丁寧にすればもっと良くなったのでは、2時間ちかくあるのに、好きな監督なのに!でも、この女優さんの、顔の違和感は、ハンパナイ。

ちょっと厳しいなぁ~

主演の葵さんは美人でスタイルも良いから以前から気になってはいたけど今回の作品が初見。

最近流行りの寝取りだけど様々なメーカーから同様の作品が多くレベルも上がってきているだけに正直言ってガッカリ感が強い。

作品の評価としては星1つだが葵さんのファンだったら受け入れてもらえるかなという意味でプラス1つです。

素晴らしいの一言!

感動しました。

葵さんを初めて見たのがこの作品です。

AVのレビュー書くのも初めてです。

ストーリーや内容云々ということでなく、葵さんの存在(黒髪+眼鏡)、その雰囲気でギンギンになりました。

そしてあえなく果てました。

引退?という言葉も見受けられますが、それならば敢えてレビューを入れておこうと思い立って、この作品に感謝を伝えようとなりました。

いや~、企画物とか素人系とかMM号とかばかりを見ていて、葵さんに気づかず過ごしてきたことを後悔。

ペット志願します!

葵が、無愛想な文学女子を見事に演じており、魅かれます!あの雰囲気で、襲われちゃったら、もう吸い込まれちゃいますね!男優が、沢木ってのも、その要素が際立っており、沢木で、あんなに性奴●に飼育されちゃんじゃ、もう男は太刀打ち出来ません!

静かなAV

葵さん、デビューから4年半たちますが作品全部持ってます。

今回は単身赴任の男を誘惑し、性奴●のごとく扱う小悪魔以上に狂気が漂う文学少女役、終始葵さんのリードですが、男に攻めさす時はいつもの高いパフォーマンスを発揮されてます。

何気にいつもSっ気の強いベテラン男優の沢木さんが押しに弱い男をうまく演じてドラマ部分もしっかりしたものでした。

AV部分的には物足りないかもしれませんが、葵さんのファンの方はコレクションとして持っていても損はありません。

でも、葵さんそろそろ引退しそう。

葵としてのラスト作品

葵ちゃん名義でのラスト作品です。

本当にデビューから応援している女優さんなので、卒業作品としてほしかったなぁ。

最後の作品?

葵さんは、デビュー当時から大ファンでした。

一時ブランクがありましたが、その後毎月リリースされていました。

ただ、これは撮り貯め作品をリリースされただけで、実際は引退状態だったと思われます。

今までありがとうございました。

お疲れ様ででした。

「拝啓、わたくし(愛妻家)単身赴任中に隣に越してきた無愛想な文学女子(巨乳)に不覚にも欲情し、寝取られてしまいました。 葵」の本編動画はこちらから