性格が良すぎる色白巨乳の彼女が俺の親父に寝取られ種付けプレスされていた。 石原希望

「性格が良すぎる色白巨乳の彼女が俺の親父に寝取られ種付けプレスされていた。 石原希望」の本編動画はこちらから

女優名: 石原希望

石原希望ちゃんが望まぬSexを演じた初めての作品

息子の恋人の希望ちゃんが初恋の人に似ていたからという理由で、媚薬入り紅茶で体の自由を奪うと同時に性的な感度を上げて強●性交、挙句は写真を撮影しバラされたくなかったら今後も付き合えと脅迫をしてしまうという展開。

一度目は、媚薬の影響で、二度目は脅迫で、三度目は?、四度目は?徐々に希望ちゃんの身体を蝕む快楽という名の麻薬。

恋人を裏切っているという背徳感。

感じてはいけないのに快楽が身体を駆け巡る。

石原希望ちゃんにとって初めての設定の作品なのに、そういった戸惑いや罪悪感、表情が表現されていると思う。

かなり苦労されたのではないでしょうか?男優さんもやはりベテランなかなかのクソ親父っぷりを演じてくれていい感じだっただけに、最後の展開が納得いかない。

強●性交しておきながらあんな良い人みたいな台詞はいらない。

脅迫に薬で若い女の子を弄ぶ、とことんクソ親父でいてほしかった。

希望ちゃんも快楽に翻弄され、ズルズルと親父から離れられなくなっていくが根本は虫唾が走る親父と接する感じがよかったのではないだろうか?でも親父大好き告白後のSexは振り切れていてよかった。

あれが本来の石原希望ちゃんのSexだから。

ストーリー展開があまりにも特殊で突飛すぎるので個人の好みで評価が大きく分かれる作品と思われる。

ストーリーで減点しても石原希望ちゃんで大きく加点されるので☆5です。

この作品のスピンオフ希望

このシリーズが大好きで、ほぼ観ています。

今回も息子の彼女をNTRという王道に加え、ねちっこいベロキスが展開され、NTR×ベロキスが好きな人にはたまらない作品です。

「良い点」最初は抵抗していた彼女が、快楽に流され、堕ちてからの恍惚とした表情がよいやはりベロキスがいい。

積極的にベロキスするのは、心まで堕ちた証「悪い点」最後の絡みで彼女の黒ソックスを脱がすシーンがあるが、JKの設定ならば脱がさないで欲しかった。

ただし、このシリーズも段々とストーリー展開が単調になりつつあるので、流れを一時変える意味でスピンオフ(後日談)的な流れを入れてみてはどうかと…「ここからは妄想」このあと更に2人はSEXにのめり込み、しかも段々と変態となっていく…産んだ子供を元彼氏(息子)に面倒を見させ、当人同士は寝室で2人目を受精すべくよりSEXに励む。

彼女は快楽にのめり込む余り、当初の清純なイメージがすっかり無くなり、積極的に淫語やアヘ顔を晒すまでに変貌してしまう…そんな展開が見たいです… スミマセン妄想が過ぎました

レ◯プから愛へ…少女が辿る、心と肉体の変化の描写がいい

彼氏のタケシと付き合い始めて間がない幸せ絶頂の女子◯生が、タケシの父親に犯◯れるという異常な状況に突然叩き落とされる。

その後もタケシへの背徳感に苛まれながら、ねっとりとした大人のセックスに翻弄されるうちに、ゆっくりと、しかし確実に、石原は身も心もタケシの父親の女になっていく。

タケシの父親とのセックスで、最初の頃は理性と快楽の狭間で揺れ動く石原の苦悶の表情が、心まで墜ち切ってからは恍惚の表情へと変化していく。

レ◯プを発端として繰り返されるタケシの父親とのセックスの中で、この少女に訪れる性の成熟の過程を視聴者はじっくりと堪能できる。

物語の中で、心と肉体が刻々と変化していく少女を石原は見事に演じ切っている。

ラストシーンが印象的だった。

タケシが父親から聞く衝撃の事実。

自分の彼女であるはずの石原が、自分の父親と結婚をするといきなり告げられる。

既に石原は父親の子を身籠っていた。

全てが暴露され泣き崩れるタケシの前で、タケシの父親と熱い抱擁とキスをして、笑顔で幸せだと呟く石原。

異常な状況で異常な人たちが織りなす、淫靡でいびつな愛が画面から溢れ出す。

何も女性のハダカやセックスのシーンだけがエロい訳じゃない。

状況そのものがエロチックな場合もある。

この物語の終幕にふさわしい、最高にエロチックなシーンだった。

物語では、大人のセックスを知った石原がタケシとのセックスに不満を感じて、タケシの父親への性愛を自覚する訳だが、個人的には、石原はタケシとセックスをしてほしくなかった。

石原の清純な面と淫乱の部分のギャップを大きく見せた方が、セックスの行為そのものがよりエロく感じられるように思う。

だからタケシの前では常に清純な少女でいてほしかった。

本来、現実の世界ではこの物語のようなシチュエーションはあり得ないと思うのだが、観続けていくうちに、物語の中へぐいぐい引き込まれていく。

それは石原のリアリティを感じさせてくれる熱演があったればこそ、だと思う。

こういう事ももしかしたらあるかもしれない、と思わせた石原の演技は特筆されるべきものがある。

乳とお腹がムチっとした美味そうなボディは我慢汁が止まらないエロさ

最初のパートは、一人になった息子の彼女をベッドの上でレ●プ。

嫌がる娘の衣服を剥きながら、強引に接吻をし、若さ溢れる乳を舐め回しつつ、パンティ越しに熱くなったマ●コを指で味わう。

拒み続ける娘が淫らなオンナの声を漏らしたかと思うと、ビクッと太ももを揺らしながら達してしまい、息を乱してグッタリとしたメスの姿を晒す。

ベロチューを受け入れ、男の為すがままに女体を貪られた後、スカートだけ身につけたまま正常位で交尾開始。

必死で「抜いて!」と懇願するも、激しいピストンにメス顔を浮かべてしまう娘。

肉棒を抜かれると執拗なクンニで悶絶。

苦悶の表情がエッロいメス顔に切り替わり、唆る声で「あっ…あぁっ…ああぁ…」と喘いだ直後に絶頂してしまうシーンが最高。

フェラの後、全裸にされて再び正常位で挿入。

正常位、対面座位、バック、寝バックでイカされまくり、クンニで悶絶した後、正常位で中出し。

バックでの犯●れ顔、寝バックでの恍惚のイキ顔、クンニシーンでの乳とお腹のエッロい肉づき、ベロチューされながら正常位で悶絶する痴態は、この女体の中に思いっきり”種づけ“したい衝動に駆られた。

続く玩具責めパートとフェラ抜きパートでは、クンニや指マンで潮を噴かされる。

息子との不満足なSEXの後、親父との激しい浴室エッチが映される。

石鹸泡に包まれたエロボディを無骨な手で堪能され、指マンで絶頂する度に乳や尻を揺らす。

乳を揉まれながらベロチュー&手コキするエロいメスの姿を晒した後、フェラとベロチューを経て、立ちバックで女体を揺らされまくってアクメしてしまう。

エッチの後、恋人同士の様に抱き合って舌を絡め合う二人。

男が「感じてたな」と言うと、戸惑って男から離れる娘。

心はまだ堕ちきっていないようで、察した親父から関係の終わりを告げられる。

ラストは、完全に“オンナ“となった彼女が布団の上でセーラー服を脱がされ、全裸エッチで滅茶苦茶にイカされまくった挙句、二度の中出しで孕まされて寝取り完了。

唾液で汚されたエッロい乳やお腹がアップで拝めるクンニ、容赦ないピストンで絶頂してブルブルと下腹部を震わす正常位、腰の動きが激エロで中出しされてしまう騎乗位、尻の突き出し具合と犯●れる姿が堪らなく唆るバック(肉棒を抜かれた時に潮が漏れ落ちるのがエロい)がオススメ。

最後の種づけシーンでは、精液が女体に注がれている様子を、もっと生々しく見せて欲しかった。

安定ですね。

このシリーズで言えばいつもの展開ですが、違うのは鬼畜親父が途中で息子に悪いと別れを提案する所ですかねf(^^;まぁ、最終的にはヤっちゃいますけど。

主演の石原希望が、普段明るく無邪気な笑顔なのに、絡みの場面では女の表情になるのが興奮しました!

設定が伝わらない

設定が伝わらない駄作でした。

石原希望のセーラー服が似合わず、裸になると熟女らしくもみえる。

性格の良さをいっているが、映像からは伝わってきませんでした。

「性格が良すぎる色白巨乳の彼女が俺の親父に寝取られ種付けプレスされていた。 石原希望」の本編動画はこちらから